• ホーム > 
  • 総合福祉共済制度 ふれあい







 

総合福祉共済制度ふれあいは組合員の方にお手頃で安心な要素がたくさんあり、組合員の方ひとりひとりをしっかりサポート致します。

・加入者は学校生協の組合員(その配偶者・こども)だけだから安心!
 2019年5月1日時点、約2,700名の方にご加入いただいています。
・団体割引適用の保険料になっています。剰余金が生じた場合、配当金としてお返しします。
(1年毎の収支計算によります。)
・「第1グループ保険(生命保険部分)」・「医療保障保険(基本型)」以外の制度については配当金はありません。
・簡単な告知だけで申し込むことができます。(医師の診査は不要です。)
・引き続き配当金を楽しみに生活いただけます。配当は第1グループ保険(生命保険部分)、医療保障保険(基本型)のみ。
 
※当ホームページに掲載している内容は2019年度の制度内容(2019年5月1日更新日時点)のものです。ご加入に際しては最新のパンフレットを必ずご参照願います。
※制度内容等詳細についてはパンフレットをご一読ください。
 

制度内容 特長 退職後の取り扱い
第1グループ保険
※傷害共済部分は生命保険部分とセットでご加入下さい。
生命保険部分 死亡・高度障害及び不慮の事故による
死亡・高度障害・入院の保障
障害年金1級の認定にも連動して給付
※死亡保険金、高度障害保険金、障害保険金は重複して支払われません。障害保険金は本人のみ64歳までが保障となります。
69歳まで継続可能
傷害共済部分 ケガによる入院・通院・手術の補償
第2グループ保険
※傷害共済部分は生命保険部分とセットでご加入ください。
生命保険部分 死亡・高度障害時の保障
加入時の保険料率が75歳まで継続
75歳まで継続可能
傷害共済部分 ケガによる入院・通院・手術の補償
医療保障保険(基本型) 病気・ケガによる継続して2日以上の入院時の保障 69歳まで継続可能
医療保障保険(充実型)
※医療保障保険(基本型)とセットで
ご加入ください。
●七大疾病・女性疾病による入院の場合、基本型入院給付金に上乗せ給付
●病気・ケガによる手術保険金の給付
●本人・配偶者及び親が所定の要介護状態になった場合の給付
69歳まで継続可能
三大疾病克服共済 主契約 所定の悪性新生物(がん)と診断確定されたとき、または急性心筋梗塞・脳卒中を発病して所定の状態になられたとき、もしくは所定の手術をうけられたときの保障 69歳まで継続可能
特約 ●7大疾病に備える保障
●悪性新生物(がん)・上皮内新生物に備える保障
※特約を付加した場合
69歳まで継続可能
リビングガード
※第1グループ保険とセットでご加入ください。
携行品損害・賠償責任など、組合員とその家族の身近なリスクを補償 65歳まで継続可能
長期所得補償共済
※第1グループ保険とセットでご加入ください。
病気やケガで366日以上就業できない場合、月額最高10万円を支給 退職と同時に脱退
年齢は保険年齢です。保険年齢は満年齢を基に、1年未満の端数について6ヵ月以下の切り捨て、6ヵ月超は切り上げた年齢を言います。(例)保険年齢40歳=2019年5月1日現在満39歳6ヵ月を超え満40歳6ヵ月まで 更新時に該当する年齢区分が変わる場合、保険料は前年度と変わります。
 

時期 内容
毎年11月上旬~12月末

申込手続き期間
各学校(職場)へ制度案内を配付

既にご加入者されている組合員
申込書・パンフレット等が配付されます。

まだ加入されていない組合員
制度案内チラシが配付もしくは回覧されます。
加入希望や制度内容等詳細を知りたい場合などは、学生協まで連絡ください。
必要書類を送付いたします。

※申込手続き期間は引受保険会社・取扱代理店(明治安田生命保険)が各学校を回っておりますので、その際手続きをしていただいても構いません。

翌年1月初旬 申込締切日
毎年4月上旬 ご加入内容のお知らせをご自宅宛送付
毎年5月1日 責任開始期(加入日)
保険料は毎月の給与にて控除いたします。(初回は毎年4月分から)
第1グループ保険(生命保険部分)のボーナス保険料は6月と12月の給与にて控除します。

・MY-A-19‐他-006809
・MYG-A-19-LF-388

 





保険についてお悩みの方はこちらから





トップに戻るボタン